昨年外壁サイディングに塗装を行いました。下地の木材の影の様なものが見えていますが何でしょうか?

横浜市のW様よりの、ご相談です。

 

昨年、夏に外壁サイディングに塗装を行いました。

今年になってから、午前中晴れている時に外壁に表面から、

下地の柱などの影が見えます。

どうしてなのか?塗装工事に関係が有りますでしょうか?

 

これは、以前からよくある相談です。

窯業サイディングの工業会でも解説しています。

構造躯体の断熱性能の違いが、原因です。

断熱材が多く入っているところは、断熱性能が高いので、冬外気が低くなった時に、

日が昇り外壁が温まると、断熱性能が低い外壁は直ぐに温度上昇が起こります。表面結露が起こりません。

一方、断熱性能が高い外壁は、魔法瓶効果により、外気温が上がっても、

外壁温度は上がらないので、表面結露を起こします。

この現象が、、ヒートブリッジ現象です。

 

とくに、外壁やとまくへの、悪影響は有りません。

乾いた、タオルなどで結露水を、拭き取りますと、

問題は解決します。

根本的な解決法は、外壁サイディングを剥がして、柱の外側に、断熱ボードを張り付け、

外壁全体を同じく

断熱性能にする事しか有りません。

 

 

  • はじめての方へ
  • 1分すぐに診断出来る塗替え・張替え診断!
  • 無料相談お問い合わせはこちらから
TOP
  • 無料相談お問い合わせはこちらから
  • TOP