窯業系サイディング塗替え時のシーリング材=選定と施工のポイントは?

今回のご質問は、窯業系サイディング塗替え時のシーリング打ち替えに関する

材料選定と施工に関することです。

1:材料選定の基準は?

窯業系サイディング材メーカーの純正品です。

通常のタイプは、先に打ち替え後から塗装出来るものもあります。

高耐候性のものは、塗膜との密着性が一般的に良くないので、塗装後に、シーリング材の取り換えを

お勧めします。

もう一つは、日本窯業外装材協会の、推奨品です。

ホームページは、http://www.nyg.gr.jp/gizyutu_siryo/jyunsei.html  です。

以下詳細をご案内します。

(可塑剤が入っていないシーリング材)

オート化学工業の、オートンサイディングシーラント  です。

 

施工に関するポイントは

1:1液型のシーリング材を選定します。

あと塗装の時は、塗装の色に合わせて、シーリング材の色を選定します。

2液型は、被着剤が入っていないので、プライマーを完全に塗布する事が必要です。

2:施工するサイディング小口の既存シーリング材を完全に除去する事。

良い工具は、3M社のスピンカッターですね〜。

3:施工前の小口をよく乾燥する。水分計で、20%以下まで。

4:目地周辺へマスキングテープ 貼ります

5:専用のプライマー塗布

6:目地の寸法は、幅8mm以上、深さ5mm以上確保する。

深さが不足の時は、目地カバーを使用します。

http://www.newlife-a.com/mejikaba/idndex.html

7:2面接着とする。ハット型ジョイナーのてっぺんに、ポリエチレンのボンドブレーカーが貼ってある事。

8:施工後、速やかに、ヘラで押さえ込みします。

9:マスキングテープを、硬化前に剥がします。

image

  • はじめての方へ
  • 1分すぐに診断出来る塗替え・張替え診断!
  • 無料相談お問い合わせはこちらから
TOP
  • 無料相談お問い合わせはこちらから
  • TOP