横張りサイディングの縦目地シーリングが薄いー5mm以下、周辺部が割れている時正しい対処方法!

窯業サイディング協会の標準施工基準に、

横張りサイディングの縦目地シーリングの深さは、5mm以上と規定が有りますが、

3割以上の現場では、5mm以下ですので、

塗装後に早く目地が開いて、雨漏りの原因となっています。

 

そんな時の助っ人が目地カバーです。

 

古く、30年以上も前から、、多数の現場で採用されて来ました。

 

この事を知らない、塗装店、リフォーム会社、工務店には、仕事を依頼しない方が、賢明です。

TOP