外壁のサイディング塗装検討中ですが、剥がれがひどく、アドバイス願います

兵庫県神戸市のY様よりのご相談です。

築年数は、28年ですが、北面の窯業サイディング材にはくりが出ています。

地元のリフォーム会社の人は、この窯業サイディング材は直張り工法(通気層が無い)ですので、

塗装しても、すぐにはくり、や凍害(水分が凍って、爆裂)になるよ。・・・

そこで、ご相談ですが「このような状況の時は、張替えが必要ですか?」

このようなご相談は急増中です。

その背景ですが、

国土交通省などが窯業サイディング材の施工方法で、外壁通気構法を勧めたのは、

平成12年の品確法(住宅の品質確保の促進等に関する法律)の雨漏れ予防の効果が多きとのことです。

以前より窯業サイディング材の工業会=日本窯業外装材協会=は外壁通気構法を勧めてきました。

従って今回の物件では、直張り工法の可能性は高いです。

ぜひやって欲しい診断方法ですが。

1=床下を見て土台などが腐っていないのか?

2=湿気の多い風呂場サッシの下、土台水切り部分の塗膜はくり、などの目視異常、

小さなハンマーで軽くたたいて、健全部分との音の違い.

専門家による、「水分計の含水率調査」=30%以上は危険です

同じ   「サーモカメラ調査」外壁全部を調査します。

本研究所の地区相談所の方は、十分に調査診断と張替え工事も対応できます。

サイディングはくり

TOP