築年数ーー20年 直張りサイディンの剥がし検査を行いました。色々と分かりました!

先月下調査した建物の、外壁サイディングの剥がし検査を行いました。

築年数ー20年

構造ー2×4   1部3階建て

サイディングの止め付けー直張り工法

サイディング材ー旧旭硝子の12 mmタイルパネルツートン 釘打ち

 

剥がして確認できた事。

1: 下地の構造合板の水分は30〜50% 腐る直前

2: 補強バンドの膨れ出しー10 mm

2 階と屋根工事前に補強バンドを止め付けしたと思われる。

3: 直張りであるにもかかわらず、防水紙に異常や劣化は無い

4: シーリング目地の深さは8 mmー問題無し、幅は、5 mmと狭く、劣化は激しl

5: シーリング材の種類は、検査結果 アクリル系であった

 

 

 

 

TOP