来年10月に消費税率が10% 更に2025年に25%に(日経新聞記事4月27日朝刊)!資産価値を上げる「塗装&リフォーム」がますます、ひっぱりだこになる!

経済同友会 消費税25% 2025年 日経 20180427

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今朝の朝刊の記事です。

今後1000兆円超える借金の返済と増加し続ける「社会保障費用」の為、

消費税率は上がっていきます。

そんな中、大切な資産=住宅=について、一考察です。

御相談が多い「クレーム」より

1=新築工事途中で瑕疵工事が見つかり、外壁の全面張替。

2=新築工事途中で「かし保険」不適切な工事が発覚、弁護士により「解体・更地」へ。

3=診断無しの塗装工事により、外壁窯業サイディング材が剥離、張替する時に下地の木材が腐り、

しろあり被害も発覚。¥150万円もお金をかけて、不良住宅を作る塗装工事だってのです。

更に張替工事で¥350万円もかかりました。

対策の1つとして、

住宅の塗装&リフォーム工事前に、国土交通省インスペクション の基準による

建物検査を行って下さい。

SD技研 地区相談所の専門家は、全員このインスペクションを行えます。

インスペクションの概要は以下の写真です。

この、インスペクションにより 見えない住宅の瑕疵、劣化(雨漏り、しろあり、耐震性など)が分かります。

また、ご希望の塗装&リフォーム工事に関しても、住宅の性能、機能を確実に向上し、結果資産価値の向上と

なります。一方、診断・インスペクションを行わない事業者による、塗装&リフォーム工事は、無駄なコスト+資産価値の低下となります。

とにかく、無料相談から始めましょう!

出前「屋根・外壁リフォーム相談」を5月24日(木)10時~16時 埼玉県志木市の郵便局で

開催します。参加希望の方は、窯業系サイディング材メンテナンス技術研究所までご連絡下さい。

TEL 03-3829-9910 所長 古畑 秀幸です。

(一社)木塗協インスペクション概要

 

 

 

 

  • はじめての方へ
  • 1分すぐに診断出来る塗替え・張替え診断!
  • 無料相談お問い合わせはこちらから
TOP
  • 無料相談お問い合わせはこちらから
  • TOP