問題の多い窯業系サイディング材の塗替え基準決定しました。

窯業系サイディング材メンテナンス技術研究所の、先行パイロット店にて、

暫定的なー窯業系サイディングの塗替え基準ー

決定しました。

ーー暫定基準ーー

1:新築より、25年で、2回目の塗替え時ーーーー

1番劣化の激しい、風呂場の窓下サイディング材を、数枚剥がしての診断が必要です。

2:診断箇所

ーサイディング基板の劣化ーーー裏面の目視、水分計、パルハンマー

ーシーリング材の劣化

ー防止紙の劣化

ー胴縁のやせと腐朽

ー柱、間柱、土台ー胴縁と材質が違う

3:耐久性の目安

ーサイディング基板ーーー通気構法+金具留め+基板のメーカー10年保証では、35年以上

雨漏り、結露水、設備漏水有れば大幅に減少する

ーサイディングの塗膜ーーーメーカー15年保証では、30年以上

ー防水紙ーーー現状30年  将来、JIS改訂にて50年も

ー胴縁ーーー木の材質によります。杉ー20年  松ー30年 栂ー40年

今後樹脂製や、ヒノキなどの検討必要

ー付属部品ーステンレス製ー50年

ー柱、間柱、土台ーーー乾燥状態では、50年

 

このような、知識が不可欠です。

その技術認定は、窯業サイディング塗替診断士です。

全国で、1420名の診断士が活躍しています。

[SD診断士]検索ーーにて、お近くの診断士をnご確認下さい。

1430n名の窯業サイディング塗替診断士

1430n名の窯業サイディング塗替診断士

 

  • はじめての方へ
  • 1分すぐに診断出来る塗替え・張替え診断!
  • 無料相談お問い合わせはこちらから
TOP
  • 無料相談お問い合わせはこちらから
  • TOP