窯業サイディング材の塗替えを考えています良い業者を教えて下さい

神奈川県横浜市のS様よりのご相談です。

築年数は、18年ですが、窯業サイディング材に何カ所か割れが出ています。

新築の建築業者は、廃業してメンテナンスの対応を頼めないので、

この窯業サイディング材の割れを直して、塗装をうまく行っていただける業者を相談したいと思います。

この手窯業サイディング材=押し出し成型版と言います。

強度は高いですが、下地の不陸や雨水の裏面吸水などにより、割れが起こることが有ります。

また、完全な外壁通気構法かの診断も必要です。

国土交通省などが窯業サイディング材の施工方法で、外壁通気構法を勧めたのは、

平成12年の品確法(住宅の品質確保の促進等に関する法律)の雨漏れ予防の効果が多きとのことです。

以前より窯業サイディング材の工業会=日本窯業外装材協会=は外壁通気構法を勧めてきました。

従って今回の物件では、直張り工法の可能性は高いです。

ぜひやって欲しい診断方法ですが。

1=床下を見て土台などが腐っていないのか?

2=湿気の多い風呂場サッシの下、土台水切り部分の塗膜はくり、などの目視異常、

小さなハンマーで軽くたたいて、健全部分との音の違い.

専門家による、「水分計の含水率調査」=30%以上は危険です

同じ   「サーモカメラ調査」外壁全部を調査します。

 

本研究所の地区相談所の方は、十分に調査診断と張替え工事も対応できます。

TOP