新築から5年で目地切れ、板ががたつきますが?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

東面の目地が切れて、ジョイナーの素地(青色)が見えていました。

東側のサイディングの動きが大きい?事が原因なのではないか?と思い、工務店は木材が乾燥するまで

少し様子を見ましょうと言って、放置しました。

金物のガタつきがあり、サイディングが前後に揺れます。

そこで、この部分に、ビス打ちまたは釘止めをしたほうがいいか悩んでいます。

動きを固定したほうがいいのか?メリットは?デメリットは?

なんで、シール(サイディング)がそんなに動くのか?

すみませんがアドバイスお願いします。

 

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆

基本は、サイディングメーカーに見て頂く事です。原因の究明と補修方法のアドバイスを頂きます。

・青いハットジョイナー~メーカー純正でない可能性が高いです。高さが高すぎシールの目地深さ=最低5mmがなくて、切れた可能性も有ります。

・一般にサイディングの動きは、太陽の日射の当たり具合に関係しますので、東面では動きは少ないですが? 本物件では、違う原因が有るかもしれません。動きの多いのは、西面 南面です。

・下地問題と下請けのサイディング工事屋さんの施工に問題かも?

・金具の良さは、多少動くことが出来、地震でも板が割れないことです。

なるべく釘、ビス止めはしない方が良いですね。基板を傷つけ方が外壁材として長持ちします。

 

 

  • はじめての方へ
  • 1分すぐに診断出来る塗替え・張替え診断!
  • 無料相談お問い合わせはこちらから
TOP