サイディング張替えついて

張替えが必要な場合

  • サイディング基材が寿命を迎えている
  • 下地木材=胴縁、柱、間柱、筋かい、土台に腐りがある
  • 断熱材にスキマ、濡れがある
  • 外壁や屋根、バルコニールからの雨漏りがある
  • 直張り工法や空気層工法で躯体に施工され、25年以上経過している
  • 工場塗装の塗膜が、塗装出来ない塗膜である
  • 釘打ち施工で30年以上経過の場合
    1~2枚の剥がし検査も大変有効です。取り外すと下地木材の状態特に腐り、
    雨漏りの様子、窯業系サイディング材の裏面の劣化:ぼそぼそや、断熱材の
    スキマ、垂れも良く分かります
  • 剥がし検査

  • 断熱材のスキマ

張替えの注意事項

  • 石綿が入っているかの事前検査(スクリーニング)
    厚生労働省「石綿障害予防規則」
  • 張替えの部位と範囲(何枚か?)の特定
  • 全面張り替えの場合は、資材置き場と廃材置き場の確保
  • 足場
    窯業系サイディング材は幅が45cm長さが3m
    重さは25Kgですので、昇降階段が必要です。
  • 切断時は電動丸鋸を使いますので、音と粉塵が出ますので対策が必要です。
  • 新規に張る窯業系サイディング材の選定のポイント
    金具留め品、表面塗膜はUVカットクリヤー塗装、
    メーカー保証基材:10年塗膜:10年または15年
  • 一般に張替えが多い部位として
    ①バルコニーの内側と外側外壁 ②風呂場のサッシの下
    ③土台水切りの上 ④1階の屋根(下屋)
    上の2階の窯業系サイディング材 ⑤切妻の軒天に接する部分です
  • バルコニー下外壁含水率50%

  • 切妻部

  • 風呂サッシの下

窯業系サイディング材張替えに関する知識

我が国に、窯業系サイディング材が
誕生したのは、昭和35年(1960年)です。

それから半世紀以上経過した現在、
戸建住宅および3階建て以下の集合住宅、
店舗、事務所、倉庫などの外壁として中心的な位置を占めてきました。
最近の低層新築住宅では、約8割の外壁に採用されており、
また今までのストックも1700万戸以上となり
その正しいメンテナンス(塗替え、張替え、シーリングの取替)
も必要となってきました。

最近の戸建住宅の外壁塗装でも、
窯業系サイディング材が半分を占めるようになり、
窯業系サイディング材の塗装においても、
正しい知識=材料の特性、
特に注意が必要な窯業系サイディング材と工法の理解=直張り工法、外壁通気構法、空気層工法、
診断も

  1. 窯業系サイディング材の塗膜
  2. 窯業系サイディング材の基材
  3. シーリング材、透湿防水紙
  4. 胴縁
  5. 下地の構造体(柱・間柱・土台)
  6. 断熱材でグラスウールは特に黒くなっている時はスキマが多く、
    断熱性能が大幅に低い状態です

まで、もれなく実施する事が必要です。

 

私も、昭和52年より39年以上、
窯業系サイディング材と付き合ってきました。

最初ニチハ(株)(当時は日本ハードボード工業(株))、
その後旭硝子(株)、旭硝子外装建材(株)に勤務し、
窯業系サイディング材を使ったリフォームと、
窯業系サイディング材の塗装メンテナンスの支援、
窯業系サイディング材専用の塗料開発など歴任し、
(有)ニューライフ・アカデミーを2002年に設立し、
窯業系サイディング材を基軸として、大手ハウスメーカー、
塗料メーカー、ビルダー、工務店、
リフォーム会社、塗装会社の技術支援を行ってきました。

最近は消費者よりの
「窯業系サイディング材に関する様々な相談」を行い、
窯業系サイディング材の塗装、
メンテナンスセミナーの講師も行うなど
幅広い活動を行っています。

2008年より、280回以上開催の
「窯業サイディング塗替診断士講習会」は
大変好評で、受講者は1450名となりました。

2014年より「戸建住宅劣化診断士講習会」
「シロアリ防除・防腐・防虫技術者講習会」など、
既存住宅の長期優良住宅化の技術支援を行っております。

更に、1700万戸以上の住宅外壁に採用の
窯業系サイディング材の
完璧なメンテナンスのための技術の修得を目的に、
窯業サイディング塗替診断士の方限定にて、
塗装が出来ない=判定と、張替の正しい知識、正しい工程管理、
正しい施工までの知識と、技術を習得して頂きます。

窯業系サイディング材の専門家=窯業サイディングメンテナンス診断士の
技術認定を開催しております。

国土交通省は、今後新築住宅建設から、
820万戸の空家ストックの有効活用へシフトします。

その観点からも、住宅の耐久性に最も大切な外壁、
屋根の定期検査と定期メンテナンスは重要になり、
その担い手の技術者の技術レベルの向上も大切です。

張替えについての記事はこちら

TOP