窯業系サイディング材=塗替えメンテナンス時にシーリング補修し塗装しましたが塗膜が割れたりふくれたり!

新築より11年で、多色窯業サイディング材(東レエース 製造 厚み=12mm釘打ち施工 外壁通気構法)

日本ペイントのUVプロテクトクリヤー塗料を使い、シーリングは既存=サンスターの変性シリコンです。

縦目地は、取り換え サッシ回り、入隅、軒天取り合い部は増し打ち施工です。

工事後、1年後に2つの不具合が発生しました。

結論=1 シーリングと塗料は相性があります。 ①密着性 短期と長期の伸縮 ②シールの成分特に可塑剤を浮き上がり==>施工会社の経験と知識、技術力が必要です。

結論=2 消費者の方は、シーリング工事は塗装後にお願いするか、目地上に塗装しないよう、業者に依頼する その時のシーリング材は 30年の耐候性の 高耐候シールにする。

窯業系サイディング塗り替え時のシーリング目地についてのサムネイル シーリング塗膜クレーム (1) シーリング塗膜クレーム (2)

 

 

 

  • はじめての方へ
  • 1分すぐに診断出来る塗替え・張替え診断!
  • 無料相談お問い合わせはこちらから
  • 無料相談お問い合わせはこちらから
  • TOP