新耐震基準の住宅ー昭和56年6月1日以降の新築ーも耐震性能に問題有り

昭和56年から平成12年までの新築戸建住宅は、

耐震診断をお勧めです。

理由

1=劣化状態の確認が必要

2=耐力壁の配置バランスの確認が必要

3=接合部の確認が必要

4=1階の壁と2階の壁の直下率の確認が必要です

SD技研の本部及び地区相談所にご相談下さい。

 

新耐震基準も危ない

  • はじめての方へ
  • 1分すぐに診断出来る塗替え・張替え診断!
  • 無料相談お問い合わせはこちらから
  • 無料相談お問い合わせはこちらから
  • TOP