大手ハウスメーカーの中古住宅購入しましたが、不具合=雨漏り、照明、下水、井戸=あどばいすくださ

中古で購入したパナホームの物件です。

仲介業者の説明では、大手メーカーパナホームで何の問題もない、いい物件。なかなか出回る事がないほど、本当に良い物件、お買い得。大手メーカーだから法的問題も何もない、あるわけがない。と進められ購入に至りました。

しかし、雨漏りが酷く、その他浴室漏水、下水道設備無届け工事など不具合があまりにも多くあり、インスペクションを2件依頼し、雨漏り調査も行いました。

雨漏りに関する3社共通点は、防水が不十分と指摘があります。

窯業系外壁材の防水処理、設計ミスであると報告結果です。

具体的な内容

玄関は、家の中に雨が入る。

外壁を伝った雨が、基礎内部へ入ってくる。

東西南北全ての基礎上に流れ出て内側に侵入。

家の中では、各部屋一階二階全てにカビが発生し、床、天井、壁、家具、カビます。

地震ではない家の揺れもあり、電気系統にも不具合が生じています。

雨が降ったり、湿気の多い時は洗面所の電気はつきません。トイレの電気も似たような現象が起きます。

どのような解決があるのか、どの様な原因でこのような事態が起きるのか、何も分からずにいます。

 

教えて頂きたくお願いします。以上。

・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-

お答え 

・住まいるダイアルは、弁護士の紹介は有りましたか?

・別紙宅建業法改正の案内文(国土交通省)をお送りします。

*宅建業者の不法行為(宅建業法違反)もお灸を据えたいと思いますが?

□お送りの資料など拝見の後、当方は外壁窯業サイディングの不具合などの

 問題へ見解書を作成することは出来ます。

 新築年が、1996年(平成8年)ですので、外壁の構造は直張り工法です。(資料添付します)屋根材には「今問題の石綿」は入っています。

 雨漏りが発生しやすく、窯業サイディング材の劣化も早まります。

 

□追加で有りましたら「新築時の図面」の写しもお送り願います。

□写真=東西南北の4立面の写真、雨漏りの発生場所、室内のカビ発生場所、

    バルコニー(内側、外側)、基礎付近の写真をお送り下さい。

 *裁判でのご支援は、外壁窯業サイディングの施工に欠陥が有ったなどの

  専門家の見解書提出なら出来ます。

 

宜しくお願い申し上げます。

窯業系サイディング材メンテナンス技術研究所

     所長 古畑 秀幸

・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-

1 ・本住宅の新築年月=平成8年1月12日

 ・佐々木の購入年月=令和元年8月8日

 ・仲介の不動産業者より検査(国土交通省=インスペクション)のご希望は聞かれましたか?(令和元年 4月改正宅建業法にてインスペクションの確認が義務化

➡聞かれていません。令和元年10月6日に、業者が「インスペクションって何?」と発言しています。

 

国土交通省のインスペクション「ガイドライン」お付けします。

➡ありがとうございます。確認させていただきました。

・インスペクションを行った2社=改修のご提案、見積など提出は有りませんでしたか?

➡2社からは「工事が必要」と提案がありました。見積もりはありません。

2、電気系とのトラブルは火災の原因になる可能性が有りますね。東京電力へご相談されましたか?

➡東京電力へ相談をしましたが、宅内は見ることが出来ないとの事でした。

3、インスペクションを2件依頼し、雨漏り調査も行いました。こちらの「調査報告書」の写し、お貸し頂けませんか?
確認後、返却させて頂きます。当然ですが、「個人情報保護法」は遵守いたします。

➡郵送いたしますので、お待ちいただけますと幸甚です。

4、国土交通省「住まいるダイアル 0570-016-100」へご相談がよろしいと思います。
  ご案内 http://chord.or.jp/consult_tel/call.html

➡住まいるダイヤルへの相談は、令和元年10月から計8回ほどしています。弁護士に相談してくださいと回答をいただきました。


<要領よく、相談の準備>
・時系列  H8年 1月12日 パナホームが新築建設
      R1年 8月8日  不動産の仲介で中古住宅購入
※不動産業者の「話し~まったく問題ない。優良な物件などなど」詳細も。購入時に検査の説明は無し

➡「購入希望者が他にいてね、決まっちゃったの融資審査しているとのことで諦めました。その後、融資降りるの待っていられないから、佐々木さんに売りたいわ。大手メーカーの物件だからしっかりしているし、安心よ。」と業者に言われる。重要説明事項は10分もかからず終了。付帯設備の確認しかされていない。その際、「下水道が千葉市共用なの。書類もあるわ。」と言われる。インスペクションについては何も言われていない。検査の説明は無し。

 

・最初の不具合 どこどこに 雨漏り

➡令和元年8月29日に引越し。

・以下、「最初の」不具合について

➡令和元年9月9日の令和元年房総台風の際、1階玄関横の窓冊子から雨漏りが生じ、発覚。


以下 順番に記載
・売買売契約書の中身

特約  :瑕疵担保期間は2カ月

     瑕疵特約は、雨漏りと白蟻、給排   

     水設備に限定。

 

・重要説明事項の書類

➡石綿は無しと記載。

 実際はあり。

 令和3年4月1日にパナソニックホームズ(株)から書面交付。

 検査済証は有りと記載されているが、実際は無し。

 

・アドバイスいただきたいこと

仲介の不動産業者へ賠償請求可能か?
売主へ賠償請求が可能か?     
➡外壁材について、パナホームに問い合わせをしたが問題ないとの回答。

調査依頼をお願いした3社とも、防水に不備があるとの事でしたので、外壁の構造上に問題が有るのではないかと思っています。


5、今まで同様なご相談を受けていますが、中古の戸建住宅の購入は、
1=必ず既存住宅状況調査技術者(建築士)のインスペクションの実施。
2=国土交通大臣「瑕疵保険」へ加入する(構造+防水=1年・5年保証)

ここが、重要です。

わたくしも多数検査を行っております。が、大手ハウスメーカーだから安心なんてことは有りません。


Sのサムネイル

  • はじめての方へ
  • 外壁はがし調査壁の中を見てみよう!!
  • 無料相談お問い合わせはこちらから
  • 無料相談お問い合わせはこちらから
  • TOP