ご相談です=築15年窯業サイディング塗装?張替え?雨漏りも有りますが!

 

 

 

 

 

 

 

 

ご相談内容は以下の通りです.宜しくお願い致します。

2005年に新築した家ですが、その年の12月に内壁に変色箇所に気づき、

建築した建築会社に相談し、雨水等の漏水から外壁にシーリング処置。

10年間様子を見て2015年に外壁塗装。

その後、2018年に前回とほぼ同じ箇所にシミ及びカビ(?)に気づく。

 

(1)漏水箇所の特定と防水処置及びこの外壁が南面のため劣化が激

   しいこと及び直張りらしいので適したメンテナンス方法

 

(2)バルコニーとテラスにおけるひび割れと剥がれ対策

 

以上アドバイスのほど宜しくお願い申し上げます。

・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-

以下ご参考に願います。

 

(1)漏水箇所の特定と防水処置及びこの外壁が南面のため劣化が激

   しいこと及び直張りらしいので適したメンテナンス方法

 

Ans:外壁よりの雨漏りの原因は一般に、以下に不具合と想定されます。

   1次防水=窯業サイディング本体とシーリング

   2次防水=15mmの通気層=>直張りですと、この機能が無いです

   3次防水=透湿防水紙(タイペック)

   開口部の4周に「防水テープ」が施工されているのか?

 

 雨漏りは①雨水が外壁にあたる ②雨水が入り込む穴がある ③雨水が入る力がある

 この3つが同時に起こって初めて雨漏りになります。

 

 外壁=南面 は日射により窯業サイディングの基板の伸縮が大きく、隙間の拡大

 反りなど起きやすくなっています。

 当時の窯業サイディングは、オートクレーム養生硬化でないので、

 収縮もやや大きくなっています。

 

※品確法がH12年(2000年)施行され

  雨漏れ対策にて ①外壁通気構法 ②開口4周へ防水テープ施工

  が標準工法となりました。

 

□最適なメンテナンス方法は、張替えとなります。

 部分張替えを行って塗装の場合=表面から抜けている水分を

 2回目の塗装の塗膜がほぼ留めてしまいますので、表層の剥離に

 なるリスクが高くなります。

 

(2)バルコニーとテラスにおけるひび割れと剥がれ対策

 

Ans:ひび割れの補修工法(添付資料ご参考に)

  Vカットして弾性パテ または張替えとなります。

  剥がれ=原因 多分バルコニーの手すり笠木からの雨水の浸入の可能性が

  高いと思われます。

 

【現場の調査のご提案】

 わたくしと地区相談所=(株)アイ・ビルドの武藤さんの2名でお邪魔して、

 詳細の検査を行い、最適なメンテナンスのアドバイスをさせて頂きたいと思います。

 ・費用は無料です。(調査内容などを個人情報順守の範囲で活用させて頂きます)

 ・よろしければ日程調整させて頂きます。1,5時間~2時間程度。

  ご希望日=16日(金)以降にてお願いします。

 

◇ー◇ー◇ー◇ー◇ー◇ー◇ー◇ー◇ー◇ー◇ー◇ー◇

窯業系サイディング材メンテナンス技術研究所

外壁の張替え専門店=チェーンがスタートしました

所長 古畑秀幸 携帯電話 090-6190-4435

 (二級建築士・建築物石綿含有建材調査者)

運営 一般社団法人木造住宅塗装リフォーム協会

リフォーム事業者団体国土交通大臣登録(第14号)

〒130-0011東京都墨田区石原1-1-8ノナカビル402

TEL03-3829-9910 FAX03-3829-9920

https://www.siding.or.jp

http://www.mokutokyo.jp

◇ー◇ー◇ー◇ー◇ー◇ー◇ー◇ー◇ー◇ー◇ー◇ー◇

 

 

  • はじめての方へ
  • 外壁はがし調査壁の中を見てみよう!!
  • 無料相談お問い合わせはこちらから
  • 無料相談お問い合わせはこちらから
  • TOP