昨日 7月14日のご相談です=増築部窯業サイディングからの雨水の浸入??

 

 

昨日のご相談です。

川崎市のご主人よりご相談です。
・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
はじめまして
お世話になります。

二世帯住宅に
4坪弱増築し2階玄関
アルミ外階段を設置したのですが

築6年にてその周辺のコーキングが隙間だらけになり
外壁が損傷し
サイディング釘の亀裂もあり
一部剥がれております。


アルミ階段を設置する為2階玄関接合部
補強の為
防水シート上に
90×180の板を横長に施工し
その上から1,4m
窯業系サイディングを
板以外の部分は通気後方で釘打ち施工されています。

二階アルミ階段接合部となる
アルミ階段設置前に施工した
玄関タイルを
業者の発注ミスにより
アルミ階段取り付け後
再度貼り替えをしております。

接合部脇に不自然な外壁と同じコーキングがされており
再施工の際に外壁が剥がれて修繕後が
見受けられます

水を使っての再施工後の数日間
白い液がアルミ階段下に
流れていたのですが
業者からは
そのうち流れなくなるから問題ないとの事でした。

玄関タイル部分の幅とアルミ階段の接合されている位置の関係で
玄関タイル部分数センチの隙間で空いてるので
玄関タイルの水がそのまま外壁に伝わり
外壁損傷が見受けられます。

アルミ階段真下の1階外壁水受けに
湿った木くずのような物が溜まることが
度々ありました。
最近は少なくなっているように感じております

今年3月から
業者からは何度となく連絡を取っておりますが
地震の影響と経年劣化との判断で
進展しておりません。
日増しに落下が進んでおります

10年保証の
水漏れ調査の為に外壁を一部切断して剥がし
保険が使えるか確認するとのことでしたが
調査後の修繕確約もとれない状況であります。


この状況は施工不良なのでしょうか?
明日業者のドローン点検も入りますが
経年劣化との判断だろうと
原因も分からず困惑しております。

宜しくお願い致します。

・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
Ans:このたびは、御相談頂き、有難うございます。

1、今までの経緯を教えて下さい。
(1)新築建築  平成  年  月
(2)増築    平成  年  月
   増築工事業者=新築建設業者ですか?

(3)増築から6年?=外階段設置付近 窯業サイディング損傷 シーリングにすき間
   釘部の亀裂、ハクリの確認・・・ですか?
  □写真に写る=窯業サイディングのハクリ部は裏面の水分が原因のハクリです。
         ハクリ部の色が黒っぽい=濡れています。
2、増築時の雨仕舞に問題が有りそうです。
(1)階段の構造を既存外壁への取り付け部位=雨水浸入の可能性が高い。
(2)地震の影響==ここ6年間で震度5以上の地震は有りますか?
          多分無いはずです。
  ※業者が好んで使うフレーズ「地震と経年劣化」これはもっと具体的に
   根拠が欲しいところです。
(3)増築部のシーリングの劣化 施工後6年としたら、早すぎます。
   一般に窯業サイディング用のシーリング材は防水機能(切れない、ひびが入らない)は、
 最低10年以上です。
  ※使ったシーリング材料=メーカー名と品名の確認が必要です。

3、業者の言い分、話し=全部文書にして報告してもらって下さい。
  口頭はだめです。言った言わないの元です。

4、ドローンで検査の業者は、増築の業者ですか?

5、水の浸入の検査=外壁のはがし検査は有効です。
  ぜひ実施してもらって下さい。
◇ー◇ー◇ー◇ー◇ー◇ー◇ー◇ー◇ー◇ー◇ー◇ー◇
窯業系サイディング材メンテナンス技術研究所
外壁の張替え専門店=チェーンがスタートしました
所長 古畑秀幸 携帯電話 090-6190-4435
 (二級建築士・建築物石綿含有建材調査者)
運営 一般社団法人木造住宅塗装リフォーム協会
リフォーム事業者団体国土交通大臣登録(第14号)
〒130-0011東京都墨田区石原1-1-8ノナカビル402
TEL03-3829-9910 FAX03-3829-9920
https://www.siding.or.jp
http://www.mokutokyo.jp
◇ー◇ー◇ー◇ー◇ー◇ー◇ー◇ー◇ー◇ー◇ー◇ー◇

  • はじめての方へ
  • 外壁はがし調査壁の中を見てみよう!!
  • 無料相談お問い合わせはこちらから
  • 無料相談お問い合わせはこちらから
  • TOP