最近急増中=新築より数年で外壁窯業サイディングの不具合=20年近く安心できるハウスメーカーは??

 

今年に入り、新築より10年以内の「窯業サイディングの不具合」ご相談が
4割以上となっています。

不具合の結果、雨水が窯業サイディングの裏側に入り込みます。
しかし、室内への雨水の浸入は直ぐには起こりません。
その結果、「品確法」の雨水浸入=雨漏りではないとして、2年保証となっています。

※この辺の判断が、大手ハウスメーカーと中小、分譲では大きく異なり、消費者の泣き寝入りが
多発しています。

早いと、完成後2年で「目地のシールが切れる」自体が発生しています。その後補修工事を行いましたが、また再発です。

□ご注意
  大手ハウスメーカーは、窯業サイディング、シーリング、留め金具など全部メーカーの純正品、
  を使いますが、中小のビルダーや分譲業者は下請け工事店丸投げで、非純正の部材を使い、
  窯業サイディングメーカーは保証出来ませんと・・・なります。

・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
最近のご相談より
1、安心できる新築元請け業者は?
  大手ハウスメーカー
  特に不具合ご相談の無い~トップは?
  <積水ハウス さん>相談は1件
  <ダイワハウス さん>相談は3件でした
   ※部材交換など築後15年でも無償で行いました。

  在来木軸のハウスメーカーでは
  <一条工務店 さん>です
  ※事例 名古屋市で築=18年 雨漏り発生も無料で補修工事を
        実施して頂きました。

2、上記以外の中小ビルダー 分譲住宅の時、後から「泣かない」方法です。
  (1)引き渡し直前 窯業サイディング不具合の発見です。
     ※発見した「不具合」は補修してもらって初めて引き渡ししてもらいます。

    第3者機関である「窯業系サイディング材メンテナンス技術研究所」 
    では、不具合確認支援を行います。
    関東エリア~現地へ出向く調査 費用¥2万円 交通費は実費です。

    リモート調査~Zoomにて行います。 費用¥5千円です。
    □どちらもお申し込み時に、チェックシートをお渡しますので、
     ご自身で調査をして頂き、その後専門家が調査します。
     
  (2)採用の建材=窯業サイディング材 副資材=シーリング 留め金具は必ず
    窯業サイディングメーカーの純正品であることの確認=メーカーの出荷証明書
   をもらう事です。


◇ー◇ー◇ー◇ー◇ー◇ー◇ー◇ー◇ー◇ー◇ー◇ー◇
窯業系サイディング材メンテナンス技術研究所
窯業サイディング技術アドバイス=第3者機関
外壁の張替え専門店=チェーンがスタートしました
所長 古畑秀幸 携帯電話 090-6190-4435
 (二級建築士・建築物石綿含有建材調査者)
運営 一般社団法人木造住宅塗装リフォーム協会
リフォーム事業者団体国土交通大臣登録(第14号)
〒130-0011東京都墨田区石原1-1-8ノナカビル402
TEL 03-5637-7870  FAX03-3829-9920
https://www.siding.or.jp
http://www.mokutokyo.jp
◇ー◇ー◇ー◇ー◇ー◇ー◇ー◇ー◇ー◇ー◇ー◇ー◇

 

 

 

 

  • はじめての方へ
  • 外壁はがし調査壁の中を見てみよう!!
  • 無料相談お問い合わせはこちらから
外壁、サイディングの無料相談はこちら
外壁、サイディングの無料相談はこちら