最近 急増中=塗装後の板の反りです~~診断しない 診断士いない施工店=要注意ですは

最近多い、ご相談です。

塗装会社の、技術レベルが低い方が増えています。

ご用心!

ーーーー以下 ご相談内容ですーーーー

K 様
お世話になり誠に有難うございます。

この度は、SD技研 ホームページよりご相談いただき、
誠に有難うございました。

この様な反りのご相談は非常に多いです。
気づかない時は、きれいになった外壁がとても嬉しいですが、
ひとたびお隣の方から「外壁が反っていませんか?」などと言われて、
よく見た時に「反り」を発見しますと、ガッカリします。

今回の結論ですが、
1=塗装業者が悪いです。
塗装前診断=板の反り測定を行っていません。(怠っています)
通常は、反り測定を4面行って、反りが有る時に、
ツヤ有塗装を行いますと、反りは3~5倍に増幅されて見えます。

(私たちの団体=(一社)木塗協の診断士認定者は大丈夫ですが)

今回の反りは、塗装前と塗装後も変化していないと思います。

JIS規格=455の板幅で 2mmです。
人間の目は、1,5mmの反りでも分かります。

※今の窯業サイディングの工場塗装は、全部「つや消し」塗装ですので、
反りが有っても人間の目では反りは分かりません。

補修方法の1つとしては、 全面「クリヤーのつや消し」塗装を行う事もあります。

2=正しい窯業系サイディング材の塗装前診断の手順は、
・施工方法=直張り工法 外壁通気構法 空気層工法かの判定
・基板の反り、浮き上がり、合抉(あいじゃくり)のすきま=測定
・既存塗膜=案付着でないのかの判定
・シーリングメンテナンス=打ち替え 斜めカットしての増し打ち の判定
以上の基本診断を行います。
*2回の天井裏 床下=雨漏り 結露 腐朽 しろあり 耐震補強金物の有無 ま
で診断することを
お勧めしています。(国土交通省 インスペクション基準)

念のために、写真を東西南北4面の写真を本メールへの返信に添付して下さい。
引く続き宜しくお願い申し上げます。
問題解決がうまくいきます事期待致します。

◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇
リフォーム事業者団体国土交通大臣登録(第14号)
一般社団法人木造住宅塗装リフォーム協会
代表理事 古畑秀幸
〒130-0011東京都墨田区石原1-1-8ノナカビル403
TEL xxx-xxx-xxxxx FAX xxx-xxx-xxxxx
携帯 xxx-xxx-xxxxx ??????@newlife-a.com
http://www.mokutokyo.jp
【屋根・外壁消費者相談センター=窯業系サイディング材メンテナンス技術研究所】

トップページ


◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇

[ お問い合わせ内容 ]
サイディングが波打った状態(反りが激しい)です。
昨年末(2018年12月)に、初めて外壁塗装をしました。
塗料はA社のケイセラクリヤー、コーキング剤はオートンイクシードです。
築年数は14年。
艶あり塗料のせいで目立ってしまっているのか、
それとも塗装・コーキングしたことによって反りが出てきてしまうのか、
当初の施工不良によるものなのか、
経年劣化なのか、
わからずネットで調べてこちらに辿り着きました。
塗装前は波打った状態ではなかったように記憶しています。
塗装したばかりで、また費用がかかることは避けたいので助言いただきたく存じま
す。
このままでも平気なのか、
それとも塗装が原因であれば塗装屋さんに相談するべきか、
サイディング全体が張り替え対象になるのか、
浮いてる部分のみ打ち付けで済むのか、
お教えいただきたく存じます。


 

 

 

 

最終更新日  2019.02.19 10:54:58
  • はじめての方へ
  • 1分すぐに診断出来る塗替え・張替え診断!
  • 無料相談お問い合わせはこちらから
  • 無料相談お問い合わせはこちらから
  • TOP