間違えの無い、技術的に正しい窯業サイディングの張替え工事全面張替え

1:窯業サイディングのメンテナンス方法

(1)表面塗装と防水シールの取替え  を行う(一部悪い板の取替え含む)

ーお施主様の強い希望

ーサイディング基板の劣化が無い=水分が50%以下 凍害 が無い 割れが無い

ー既存の塗膜が塗装出来ない塗膜=光触媒(ケイミューの光セラ)=でない

ー下地木材(胴縁、柱、間柱、筋かい、土台)が、健全である(腐りと、シロアリ被害:

が無い)

ー悪い板(劣化=水分が多い、凍害、割れ  ハクリ=数枚取り替える

 

 

 

(2)全面張替え

ーお施主様のご希望

ー上記の塗装しても後から問題が起こる 場合

ー今後最適20年以上この住宅に住む時

ー断熱性能と住宅の耐久性を大幅=50年以上=上げたい時ー

ー既存住宅の長期優良住宅の、認定を受けたい時

ータイミングが合えば、長期優良住宅化リフォーム補助金(100万円〜200万円)

を使えます

ー悪い下地木材を 全面取替え、木材全部を、無機 ホウ酸を使い、防腐、防蟻処理をする

ーグラスウールを高性能な物に取替え、断熱性能を大幅にアップする

ー既存のサイディングが、アスベストが使われている時は、発ガン性物質である、アスベストを完全除去出来ます

(3)カバー工法(重ね張)

ー前提条件=耐震診断を行い、重ねる「屋根、外壁材の荷重=1トン〜2トン」に対して、

耐え得る耐震性が有ること

耐震診断を行わないで、カバー工法を行う事は、、大金をかけて住宅の耐震性を下げ、

資産価値を下げ、最悪、住む人の生命の危険性を上げます。

  • はじめての方へ
  • 1分すぐに診断出来る塗替え・張替え診断!
  • 無料相談お問い合わせはこちらから
TOP
  • 無料相談お問い合わせはこちらから
  • TOP