今後全国各地で国土交通省「リフォームガイドブック」勉強会と無料相談を開催します

昨日は、神奈川県伊勢原市の地区相談所にて、開催しました。

屋根リフォームー粘土瓦から金属屋根材へ取り替えされて、

色が変わってしまった。ーーご相談が有りました。

築年数21年で、外壁サイディングのリフォームを検討中で、

2社のリフォーム業者から、2つの提案があるものの、

どうも納得がいかずご相談に来ました。

1:直張りサイディングですが、悪い板を取り替え金属サイディングで重ね張り。

2:悪い所を補修して塗装。

どちかも、問題が有ります。

表面だけの状態で判断しています。

このような、建築知識と技術の無い営業マンは、困った事です。

【 正しい手順 】

1:国土交通省戸建住宅診断基準ーーによる、診断実施

2:重ね張りの検討時は、国土交通省 一般耐震診断 による、耐震診断です

3:特に既存外壁が窯業系サイディングの時は、一般社団法人木造住宅塗装リフォーム協会の

サイディング診断基準で、詳細診断を行います

4:新築より20年以上経過の直張りの場合、はがし検査を行います

今回のように、事業者と契約する前のご相談が良いですね。

契約後でも、8日以内ならば、クーリングオフにて、契約解除が出来ます。

本研究所の地区相談所では、以上の検査の専門家です。

以下の、この外壁ーサイディングは、

^_^塗り替え ーが出来るのか?

^_^重ね張りが出来るのか?

^_^張替えを行い、断熱性アップ、下地木材のホウ酸処理ー防蟻、防腐処理により

50年以上長持ち住宅にする。

の、お悩みのアドレスを以下ご参考にして下さい。

  • はじめての方へ
  • 1分すぐに診断出来る塗替え・張替え診断!
  • 無料相談お問い合わせはこちらから
  • 無料相談お問い合わせはこちらから
  • TOP