インフォメーション

窯業サイディング塗装後すぐに膨れ(発泡)しました。原因と補修方法を教えてください。

10月14日に外壁塗装が終わりましたが、南側玄関周りの塗膜に多数の気泡が発生しています。 異常な数です。業者には、巣穴だから補修しないと拒否されました。 元から巣穴が多数あるケイミューのサイディングです。巣穴が埋まらなかった状態と新たに発生した気泡は違うと思うのですがどうでしょうか。 また、補修方法を教えていただけますでしょうか。宜しく

【金具留め=築24年 外壁 窯業サイディングのがたつきと浮き上がりへ、直張り工法へのご相談です】

【金具留め=築24年 外壁 窯業サイディングのがたつきと浮き上がりへ、直張り工法へのご相談です】 □築24年木造軸組工法の2階建住宅です。 建築当初に窓枠下のサィディングに亀裂があり、20年目にその部分をめくった写真です。 割れた部分にエポキシを塗って色目を合わせて補修しました。 そろそろサィディングの塗り替えを考えています。 通気工法なのか 直張りなのか

認定診断士以外の方=窯業サイディング塗装&リフォームはクレームリスクが高い

最近増えています! 専門診断士=窯業サイディング塗替診断士 窯業サイディングメンテナンス診断士 戸建住宅劣化診断士 の資格にない方が、窯業サイディングを塗装した場合、2005年以前の建設した新築住宅での塗装後の 不具合発生は3割以上あります! しかも最近の傾向ですが、施工店が不具合発生後に「責任は自分でない、元々建設した業者の不良

住宅外壁の80%=窯業サイディング=塗装・張替え前の診断は=>「窯業サイディングメンテナンス診断士」です(全国に1,900人)

本ホームページ=窯業系サイディング材メンテナンス技術研究所=カイセツ年間で、 400件を超えるご相談を受けてまいりました。 結果見えたのは、窯業サイディングの塗装前の専門家への事前相談を行わないで、地元の施工店へ 塗装工事を依頼し、結果不具合=剥離 割れ 反り シール目地の切れ 塗膜のふくれなどが発生しています。 対策は、 1=窯業サイディングの診断と正しい工事を

ハウスメーカーで住宅建設で新築より15年以内の方へ朗報です!国土交通省瑕疵保険=構造と防水10年保証が掛けられます

いよいよスタートします。 新築建設から15年以内の施主様限定! 国土交通省の瑕疵保険=構造と雨漏りの10年保証=が使えます <条件1>新築より15年以内である住宅 <条件2>既存住宅状況調査を検査員が実施する <条件3>屋根と外壁の塗装工事と防水工事(バルコニー床+シール防水) を実施する ※更にオプションで、外壁塗装の瑕疵保険=5

最近急増中!群馬県でも発生=塗装後「2年」経過でハクリ発生=建築業者へ責任転嫁!

外壁塗替えリフォームについて相談お願いします。 築21年の住宅です。 3年前に地元塗装会社に依頼し外壁塗装を行いました。 その際、北側風呂場付近にサイディングの浮きがあり剥がして みると水分で傷みが激しかったので風呂場周りの一部張替え を行いました。 高気密な家構造の上、築年数からお風呂場の蒸気で傷みが出や

最近急増中!塗装後ハクリ=神奈川県でも発生!塗装会社と新築建設業者で責任転嫁!

ご相談があります。消費者です、よろしくお願いいたします。 現在、築15年の戸建てに住んでいます。 先月、外壁サイディングに割れを発見し、”家を建てた会社”と”5年前に外壁塗装をした会社”に連絡を取りました。 両社とも相手の会社の作業に問題があったと言っていて、実際の原因が分かりません。 今後、サイディングの張替作業を行う予定であり

最近急増中!=要注意!です=窯業サイディングの特性を知らない塗装会社による塗装工事結果「ハクリ」発生!下地が悪い!新築構造が悪い!

4月3件のご相談です。 共通点が有ります。 塗装後=1~3年でハクリが発生! 1=塗装工事の会社の診断が無い。窯業サイディングの特性を知らない。 塗装後にハクリが発生すると「下地の窯業サイディングが悪い」 「新築時の構造が悪い」・・・自社の落ち度は「無し」「無し」・・・・です。 2=「ハクリ」クレームの原因を「新築の工事に

塗装&リフォーム工事前「石綿が有るのか?無いのか?」事前調査・報告4月1日より開始しました!対応できる施工店へ依頼しましょう!施工業者は法令違反となります!

住宅の所有者の皆様へ! 石綿に関する法律が改正されました。 <塗装&リフォーム工事前に必ず「石綿」の有無の事前調査と報告=が義務に> 2つの法律改正=大気汚染防止法・労働安全衛生法 □厚生労働省 環境省=石綿ポータルサイト https://www.ishiwata.mhlw.go.jp/ □施主・オーナー様の「石綿調査」への責務

窯業サイディングにクリヤー塗装後色が白くなりましたが原因は何でしょうか?

お世話になり誠に有難うございます。 この度はご相談頂き誠に有難うございました。 1、考えられる原因 ・窯業サイディング基板から異物=CaCO3(炭酸カルシウム)のようなものが 塗装後に出てきた ・北面の風呂、洗面所の窓上でしたら窯業サイディング裏からの水分が

新築より10年ほどですがサイディング外壁のよごれ=こけ カビがひどく自分で高圧洗浄出来ますか?

お世話になり誠に有難うございます。 外壁が汚くなっています。以下の事につきましてご相談です。 新築より10年ほどですがサイディング外壁のよごれ=こけ カビがひどく自分で高圧洗浄出来ますか? ・住所は茨城県土浦市 ・新築後約10年経過

貴重なお金を一番有効に使う事の出来る外壁塗装=工事会社の選ぶチェックポイント=5つ~資産価値を下げない!

貴重なお金を一番有効に使う事の出来る外壁塗装=工事会社の選ぶチェックポイント=5つ(Dr、サイディング=古畑がお勧めです) 5年間で313件の窯業サイディング塗装メンテナンスの相談を受けてきました。その経験で、明確にわかって事が、損をしない=外壁塗装会社を選ぶ、5つのチェックポイントです。 チェック

毎月=10~15件のご相談です最近の検索キーワードです

毎日ご相談が来ております。その検索時のキーワードです。#外壁サイディングの不具合#塗装出来ないサイディング#外壁サイディング塗装出来るのか#サイディングのそり 反り#サイディングの割れ#サイディングのクレーム#ラムダサイディング#サイディングの浮き上がり#サイディングのスキマ#コーキングの切れ#コーキングの不具合#コーキングのクレーム#直ばり#通気工法  構法

今回は「ラムダサイディングへ塗装して1年で塗膜が膨れました」なぜですか?

「ラムダサイディングへ塗装して1年で塗膜が膨れました」なぜですか? 2014年12月にS不動産でRC造の押上成型セメント板・ラムダに塗装した住宅で2019年1月に膨れの不具合が発生しました。是正工事をしたのですが再度2019年9月に再発しました。是正工事し2020年9月にまた再発した次第です。 ラムダの下地にパテ補修した塗膜が膨れております。使用したパテ材は「ロック ポリパテ」です。 原因は何な

金属パネルへ塗装後のフクレの原因はなに?

お世話になり誠に有難うございます。 先日2回目の外壁塗装を行いました。 塗膜にフクレが発生しましたので、原因をご教授頂きたいと思います。   ・30年前の大和ハウスの物件ですが、  塗装後雨がふったりすると膨れが生じます。  原因はお分かりでしょうか?   Ans:雨が降った後の塗膜の膨れの原因は、膨れの場所より上のどこかに、 塗膜の切れ部分に隙間が有り、そこから雨水が浸入している 可能性が高い

窯業サイディング=塗装後の「はくり」「フクレ」「反り」「あばれ」「浮き上がり」予防対策

このところ、非常に多いご相談です。   塗装後に「はくり」「フクレ」「反り」「あばれ」「浮き上がり」・・・ その原因はほぼ「水分です」   事前に測定する事が==不具合==を予防できます。   その水分測定「高周波水分計」及び水分が有りそうな様子を「サーモカメラ」 でばっちり確認できます。   その後 水分計50%以上の部位・サーモ

最近急増中=窯業サイディング塗装後の不具合・クレーム=こうすれば予防できます

窯業サイディングの塗装後に、不具合==>施工店の 対応がまずく「クレーム」になります。   最近またこの手の相談が急増中です!   【まずは、施主様の自己防衛です】    国土交通大臣登録リフォーム事業者団体  (一社)木造住宅塗装リフォーム協会 代表理事 古畑秀幸  木造住宅+窯業サイディング=43年間の経験より  まとめました。

最近のご相談=1回塗替え後の「問題」(はがれ・ふくれ)が急増中!

このところのご相談。   <次の方は=専門家=にご相談が一番ですね> ・築年数=20年以上 ・1回塗替え行って、2度目の塗替えご検討   <専門的知識の確認法> 「窯業サイディングの直張りとは、何ですか?」 「直張りの窯業サイディングの判定方法は?」 「直張りの窯業サイディングの塗装によるリスクは?」   以上の3項目に正しく、お答

直張りの、窯業サイディング塗替え相談=築年数17年で1回塗替え済みで剥離が有りました!

東京都小金井市  N様 7年前に塗装したが、サイディングに剥離が発生しました。 原因究明と補修のご相談です。 事前調査 剥がし検査です。 サイディングの、基板、防水紙、下地木材などの劣化を確認し、 剥離の原因を突き止め、 最適な補修工事の方向性を決めます。

一番問題の多い=窯業サイディング塗替え工事=リフォーム瑕疵保険で万全です

昨日は、龍ヶ崎市にて「外壁・屋根=塗装工事」完了の第3者(建築士)を行いました。 お問合せの皆様へ=国土交通大臣 指定のリフォーム瑕疵保険(かしほけん) 欠陥工事を保証する= をお勧めします。 理由=塗装工事特に問題の多い「窯業サイディング材」の塗替え後、1年以内は初期クレーム シール上の塗膜割れ、はくり・ふくれ・割れなどが集中的に発生します。 保証期間=1年で対応

ご相談が非常に多いーー窯業サイディングのメンテナンスーー直張り一番問題が多いです

最近も減らない御相談です!(知識・技術力が必要です) 問題の多い 直張りで、築年数20年以上経過の窯業サイディングは、 下地防水紙、さらに下地の柱、間柱、土台の劣化が進んでいる事が 多いので、一般社団法人木造住宅塗装リフォーム協会の、 窯業サイディングメンテナンス診断士== 専門家ー診断士ー診断が必要です。
  • はじめての方へ
  • 外壁はがし調査壁の中を見てみよう!!
  • 無料相談お問い合わせはこちらから
外壁、サイディングの無料相談はこちら
外壁、サイディングの無料相談はこちら