気をつけよう=知識・技術力のない業者~外壁を割ったり!シールを塗りたくる!開き直る!

・横浜 御主人様 築年数は12年 AT18㎜フッ素塗装品の塗替え工事中のトラブルです。

 ・大阪の訪問販売業者と113万円で契約
 ・当初 クリヤー塗料==>足場掛け事故で 3枚外壁サイディング割ってしまう。
  同じ色柄が無く、全面石調塗装へ。==>トラブル その1
 ・板間目地のシール打替え・増し打ち=マスキングしないで、はみ出し塗りたくる==>トラブル その2
 ・国土交通省「住まいるダイアル」を訪問し建築士・弁護士と相談するも「業者と良く打合せしてね?」で。
 ・当方のアドバイスは「塗料メーカーのシール工事仕様書」および「NYGのシーリング工事マニュアル」にて
  業者と打合せし、正しい施工を行わせる。ダメなら契約の解除なども検討必要。
【ポイント】
 塗装工事は特に、工事現場で行う「化学反応」です。
 期待性能を100%出し、将来のクレームを予防するためには、
 1:塗料メーカーの工事マニュアル 下地作りマニュアル
 2:窯業系サイディング材メーカー 工業会のマニュアル
 3:もしもの時の保険=リフォーム瑕疵保険=国土交通省管轄の保険で、
   工事業者が倒産・夜逃げしても==雨漏りは5年間 塗膜などは1年間の保証が付きます。
 「国土交通省」リフォーム工事後のクレームランキング
   ワースト1位=屋根の雨漏り・割れ
        2位=外壁のひび割れと雨漏り
【業者選びのポイント】
近い業者
真面目な人間
知識・技術をしっかり持つ=窯業サイディング塗替診断士資格者など

TOP