はがし検査

日本でただ1つの診断法=窯業サイディングはがし検査=のお勧め!

窯業系サイディング材メンテナンス技術研究所がお勧めする=外壁=窯業サイディングのはがし検査=国土交通省の住宅政策も大きく変わりました。■木造住宅を「点検+メンテナンス」の繰り返しにより100年以上大切+居心地よく持たせます。■併せ、「資産価値」も回復や上げることが出来る基準「安心R住宅」の認定が誕生しました。住宅リフォーム事業者団体国土交通大臣登録 (一社)木造住宅塗装リフォーム協会は長年、外

17日「窯業サイディングはがし検査」2カ所行いました。<はがし検査2016年より50件以上>雨水浸入場所の特定が出来ました。

窯業系サイディング材メンテナンス技術研究所のホームページよりご相談頂きました、K 様(神奈川県)の外壁窯業サイディングを2カ所=1階サッシ枠 2階バルコニー手すり壁剥がしました。             ※詳細報告書 こちらより    https://www.mokutokyo.jp/data/ksama_hagashi_kensa_20210717.pdf □結果 両方とも雨水の浸入

窯業サイディングはがし検査=行いました(横浜市)

https://youtu.be/obv86db3us0 新築より15年以上の木造住宅の外壁窯業サイディングは 壁への留付けがー直張り工法=の可能性が非常に高いです。 ¥3万円ではがし検査を行っております。 直張り工法の窯業サイディングの壁の中は? 1=非常に重要な防水紙 に穴あき 溶解が 30%程度あります 2=下地の木材に腐り しろあり被害が10%程度あります 3=断熱材に隙間が多く発生 冬

先日はがし検査を行いましたお客様=張替工事の受注となりました

先日、外壁サイディング はがし検査を行いましたお客様です。 ご検討ののちに、張替え工事のご契約となりました。 感謝申し上げます。

アパート=外壁窯業サイディングのはがし検査 決定しました

築年数=30年 アパートの直張り 窯業サイディング 雨漏りもあるので、はがし検査をオーナー様よりご依頼を受けました。 今月末までに行います。 張替えが必要な窯業系サイディング材の状態とは?   回答:基本的な

築年数ーー20年 直張りサイディンの剥がし検査を行いました。色々と分かりました!

先月下調査した建物の、外壁サイディングの剥がし検査を行いました。 築年数ー20年 構造ー2×4   1部3階建て サイディングの止め付けー直張り工法 サイディング材ー旧旭硝子の12 mmタイルパネルツートン 釘打ち 剥がして確認できた事。 1: 下地の構造合板の水分は30~50% 腐る直前 2: 補強バンドの

最近多い、外壁サイディングの、剥がし検査ーーシロアリの被害が有りました。

今回の現場は、埼玉県です。 築年数が22年。 12mmの、横張サイディング 松下電工  を剥がしました。 なんと、やまとシロアリの、被害が有りました。 処理は、安全な ホウ酸処理ですね。

日本で、最高の技術認定=窯業サイディング塗替・メンテナンス診断士=1.750名になりました

13年間で、415回開催して 受講者は、1,750名となりました。 当初は「窯業サイディング塗替診断士」=>塗装の可否の判定+はがし検査+張替え工事 まで網羅した「窯業サイディングメンテナンス診断士」となりました。 1:窯業サイディングの知識 原材料 製造方法 基板の物性 湿乾伸縮 炭酸化 塗料 塗装方法 部材 2:塗装後の9種類の不具合  状況と原因、対策

多色デザイン窯業サイディング=クリヤー塗装後のハクリ=原因と補修方法のご相談

新築より12年経過=5年前程に外壁塗装を行いました。 外壁は多色のデザイン窯業系サイディングで、 昨年より、サイディング素材自体から剥がれかけているので、 原因と対応策は何かないかと思いご相談させていただいております。 使用塗料はUVカットクリヤーです。 剥離している箇所はバルコニー周りと玄関付近、 一番酷いのはお風呂場付近となっております。 バルコニー以外は共に北面となりま
  • はじめての方へ
  • 外壁はがし調査壁の中を見てみよう!!
  • 無料相談お問い合わせはこちらから
外壁、サイディングの無料相談はこちら
外壁、サイディングの無料相談はこちら